明らか

めまいは起こらないのに、辛い耳鳴りと難聴を幾度も繰り返すケースのことを区別して「蝸牛型メニエール氏病(Cochlear Meniere’s Disease)」というような症例もあるということはあまり知られていません。
「肝機能の衰退」については、血液検査のGOTやGPT、γ-GTP(ガンマGTP)等3種類の数値で確認することができますが、ここ数年肝臓の機能が落ちている方々が明らかに増加傾向にあるということが判明しています。
ダイエットに没頭するあまり1日の総カロリーを抑制する、食事を抜く、そんなライフスタイルが結果的に栄養をも不足させ、深刻な慢性の冷え性を齎すことは、盛んに危惧されているのです。
ハーバード・メディカルスクール(HMS)の研究によれば、一般的なコーヒーと比較して1日2〜3杯のノンカフェインのコーヒーに変えれば、驚くことに直腸がんの発病率を半分以上は減らせたということが明らかになっている。
内臓に脂肪が多く付いた肥満があった上で、油脂の摂りすぎなどによる「脂質過多」、塩分摂取などが関係している「高血圧」、高血糖(こうけっとう)のうち2項目以上相当するような様子を、メタボと称しているのです。
30才代で更年期が来たとすれば、医学的な用語で表現すると「早期閉経」という病のことを指します(我が国では40才未満の女性が閉経することを「早発閉経(そうはつへいけい・POF)」と定義します)。
今時の手術室には、御手洗や専用の器械室、準備室を併設し、オペ中に撮影できるX線装置を付けるか、そうでなければ近辺にその専門室を併設しておくのが常識である。
亜鉛は、デオキシリボ核酸(DNA、Deoxyribo Nucleic Acid)やタンパク質の合成に関わる酵素や、細胞・組織の活動に関係している酵素など、約200種類以上存在する酵素を構築する物質として大切なミネラルの一種なのです。
トコトリエノールの機能は酸化を防ぐ効果が最も知られてはいますが、その他に肌をきれいに保つ効果や、血清コレステロールの生産を抑えることが知られています。
お酒に含まれるアルコールやお薬、合成された食品添加物等の物質を特殊な酵素で分解して無毒化する働きを解毒と称し、肝臓の担う代表的な務めのひとつだということは間違いありません。
むねやけが主訴の逆流性食道炎は、5日前後薬を飲めば、全般的に9割近くの人の自覚症状はゼロになりますが、とはいえ食道粘膜の炎症そのものが完全に治癒したことを意味しないのです。
「体脂肪率(body fat percentage)」とは、体の中の脂肪の占有するウェートであり、「体脂肪率(percent of body fat、%)=体脂肪の量(somatic fat volume)÷体重(body weight、kg)×100」という式で分かります。
UV-Bは、UV-Aと比較すると波長が短く、大気中に存在するオゾン層を通過する際にその一部が吸収されるのですが、地表まで届いたUV-Bは皮ふの表皮の中で細胞のデオキシリボ核酸を壊したりして、皮膚に悪い影響を与えます。
生活習慣が原因の2型に対し、1型糖尿病とは、膵臓(すいぞう)の血糖値を左右するβ細胞が損傷を受けてしまい、患者の膵臓から必要量のインスリンが分泌されなくなってしまい発症してしまうという種類の糖尿病なのです。
アミノ酸のひとつであるグルタチオン(GSH)には、細胞の機能を不十分にしたり変異を招く人体に対する有害物質を体の中で無毒化し、肝臓の動きを良くする特長が分かっているのです。

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.